01

Androidは大人気。  スマートフォン購入予定者のうち8割がAndroid搭載モデルを買おうと考えているそうです。 Apple「iOS」 vs Google「Android」 の戦いはどちらが制するのでしょうか。

03_px450
 
最近さまざまなメディアでの、iPhoneとアンドロイド携帯の競争報道を眺めると、おおむねアンドロイド携帯の購入意向が全体の7~8割に上るという傾向が見えてくる。 そのような記事の1つ、2月28日の産経新聞の記事を引用させていただく。

スマートフォン(高機能携帯電話)の購入予定者のうち約8割が米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載のモデルを買おうと考えていることが、文化放送などのアンケートで分かった。

アンケートでは、すでにスマートフォンを保有している人は9%で、スマートフォンに「変更する」とした回答者が33%に上った。さらに、変更するとした回答者のうち、アンドロイドを予定しているのが77%で、アイフォーンは23%にとどまった。アンドロイド機種のキャリアでは、ドコモを予定している人が42%と一番多く、auが32%で続いた。

■ 情報ソース: 日経トレンディネット 

iPhoneがソフトバンクではなくて、ドコモやauから発売される事になったら、多少変わってくるのかもしれない。 2ちゃんねるでの反応も確認してみたが、どうやらソフトバンクの回線がiPhoneを駄目にしているようだ。 Android搭載のケータイは増加してきているため、Apple製品にしか搭載されていないiOSはどうしても伸びに限界がある感じ。 果たして「Android」vs「Apple」、どちらが勝つのか。 スティーブ・ジョブズ氏の健康状態は大丈夫なのか。